大谷大学ハッピーアワー!第121回放送(2018/9/27)

北大路コミュニティラジオ
この記事は約2分で読めます。

FM87.0 RADIO MIX KYOTO大谷大学ハッピーアワー!

今回のハッピートークは大谷大学職員の髙藤啓さんと社会学科4回生の工藤早紀さんをお迎えし、大谷大学復興支援ボランティア(TAT)についてお話いただきました。

TAT

大谷大学では2011年3月11日に発生した東日本大震災の復興支援活動を教職員、学生の有志で行っています。先日実施された第24便の活動では被災地で生活されている方々の親子キャンプを開催し「子供たちと思いっきり遊ぶ」という趣旨で、遊びや縁日コーナーの運営を行いました。
工藤さんは「今回、初めての参加でしたが、子供たちが外で楽しそうに遊んでいる様子が印象に残っています」と感想を語ってくれました。
10月下旬の第25便の活動では、仙台市で仮設住宅で生活されていた方たちの秋祭りに参加し、炊き出し・ミニ縁日の活動をされるそうです。今週から学生の参加者を募っているのでぜひご参加ください。

大谷大学TAT
https://www.facebook.com/otani311/

飛騨真宗

後半の谷大ピックアップは、文学部歴史学科の川端泰幸先生をお迎えし、博物館特別展「飛騨真宗の伝流-照蓮寺高山移転430年-」についてお話いただきました。この特別展では、高山別院や照蓮寺をはじめとする飛騨真宗ゆかりの寺院の法宝物が展示されます。
開催日時は10月12日(金)から11月28日(水)まで、開館時間は日曜日を除く毎日で午前10時から午後5時まで、会場は大谷大学響流館1階博物館です。入場料は一般・大学生ともに500円となります。
ぜひご来場ください。

大谷大学博物館
http://www.otani.ac.jp/kyo_kikan/museum/

今回の放送(録音)はこちらからお聴きいただけます。
https://radiomix.kyoto/episodes/episodes-10329/

次回は「京都市大学生・ごみ減量サポーター事業」学生サポーターの大谷大学生メンバーをゲストにお招きします。おたのしみに!
(筒井)

〈スタッフ〉
パーソナリティ 馬瀬健人(3回生)赤澤清孝(教員)
ディレクター 杉山晃規(3回生) 山崎凌我(2回生)
広報 筒井綾花(2回生)

タイトルとURLをコピーしました