大谷大学ハッピーアワー!第117回放送(2018/8/30)

北大路コミュニティラジオ
この記事は約2分で読めます。

FM87.0 RADIO MIX KYOTO大谷大学ハッピーアワー!

今回のハッピートークは公益財団法人 京都市環境保全活動推進協会の谷内口友寛さん、山植剛さんをお迎えし、北区でのエコ学区の取り組みについてお話しいただきました。

京都から始めるエコ習慣

エコ学区とは家庭から排出される二酸化炭素量の一層の削減を図るため,環境にやさしいライフスタイルへの転換や省エネ,地域力の向上を目指し,地域ぐるみでエコ活動に取り組んでいる学区を指します。現在,京都市内の全222学区がエコ学区として活動中です。

北区では紫竹学区が「低炭素モデル学区」として選定され、「衣服の無料交換及びモデル世帯でのエコデーの率先」を実施しました。
その他にも食べ物の消費や冷蔵庫の使い方、ライフスタイルを見直すことで、CO2とゴミの削減を目指す「食×エコ in 元町」が元町学区で実施されたり、熱中症の被害が多い「高齢者」「室内」の夏の暮らしを地域の「たすけあい」の力でサポートしようと試みるプロジェクト、地球温暖化防止や創エネルギーについて学び、自分たちの手で太陽熱調理器などを組み立てるワークショップなど、学区によって様々な取り組みが実施されています。
どの学区も「健康長寿」「防災」「安心安全」「地域拠点のエコ化」など、地域課題と環境問題の同時解決を目指して企画されたものです。

まだまだ暑い日が続きますがまずは自分自身のライフスタイルを見直し、これを機に地域の様々なエコ行事に積極的に参加してみてはいかがでしょうか。

エコ学区 http://doyou-kyoto.com/ecogakku/index.htmldoyou-kyoto.com

今回の放送(録音)はこちらからお聴きいただけます。
https://radiomix.kyoto/episodes/episodes-10098/

次回9月6日は「サーカスコーヒー」の渡邊良則さんをゲストにお招きします。お楽しみに!
(平松)

<スタッフ>
パーソナリティ 疋出穂高(2回生) 藤木拓馬(2回生) 赤澤清孝(教員)
ディレクター 杉山晃規(3回生) 熊田隆太(2回生)
広報 平松美音(2回生)

タイトルとURLをコピーしました